界面活性剤不使用

スキンケア化粧品を選ぶとき、その成分を見ることは非常に重要です。できれば肌に悪いものが入っていないもの、たとえば合成界面活性剤が使われていないものなどを選びたいところです。そこでおすすめなのが、合成界面活性剤を使っていないスキンクリームです。スキンケア用に用意するスキンクリームというのは通常、強い肌だけでなく、敏感肌、弱い肌の部分にも使うことになります。だからこそ、できるだけ肌に刺激が少ないものを選ぶことが大切です。

このとき注目しておきたいのが、合成の界面活性剤が使われていないかどうか。美容家の方々の間では界面活性剤という名前自体はよく知られていますから、聞いたことがある方も多いことでしょう。できるだけ、合成界面活性剤を使っていないものを選ぶことにしてみてください。各メーカーも「界面活性剤不使用」のスキンクリームの販売をしていますから、よくよく注目すれば、選ぶことは難しくないはずです。界面活性剤は肌を悪くするだけではなく、その成分が肌から体内に入り、体内にもダメージを与えてしまう可能性があります

自分の肌だけではなく、自分の体のためにも界面活性剤不使用は重要なキーワードといえるでしょう。

界面活性剤とは

肌に悪い成分が入っていないか確認するとき、よく注目されるのが界面活性剤の存在です。界面活性剤とは油分と水分をうまく混ぜてくれる成分なのですが、まるで混ざらない油分と水分を一緒にできるほど、強力な洗浄成分として知られています。だからこそ、肌には刺激が強く、入っていることを好まれない成分でもあります。しかしここで注目しておきたいのが、界面活性剤には、いいものと悪いものがあり、悪いものが入っているものは使わないほうがよいということです。

悪い界面活性剤とは、「合成界面活性剤」と呼ばれる人工のもの。じつは界面活性剤には天然のものがあり、オリーブオイルやヤシのオイルなど、美容によいとされているものもあります。これらは保湿成分も入っているために肌にもよいのですが、合成界面活性剤は石油で作られていて、肌の油分を強力に落としてしまう効果があります。一定量は問題ないのですが、必要以上に落としてしまうというところが問題。落とし過ぎると返って余分に皮脂を分泌し脂肌になってしまったり、乾燥肌になってしまったりすることがあるのです。特に年齢肌は敏感ですから合成界面活性剤が使われていないスキンケア化粧品を選ぶのは必須といえるでしょう。

スキンケア化粧品の選び方

あなたはスキンケア化粧品を選ぶとき、どんなことを考えながら選んでいますか?肌の悩みや要望に合わせて選ぶことは大切ですが、さらに重要なことが2つあります。一つはあなたの肌に合っているかどうかをきちんと見極めること。たとえばあなたの肌は乾燥肌や脂肌、敏感肌など、特徴があるはずです。敏感肌なのに肌荒れをなんとかしようとして、成分の強いスキンケア化粧品を使ってしまうと余計に肌が荒れてしまうことがあります。脂肌だからといって脂を取り除いてくれることばかりに注目していると、必要な皮脂まで取り除いてしまい、結果として余計な脂の分泌を招いてしまうこともあるでしょう。

スキンケア化粧品はたいていきちんと悩みや肌質に合わせてターゲットを設定してくれていますから、適当に決めずに店員さんに相談するなどして、慎重に選びましょう。年齢も注目しておきたいところです。20代と40代では肌の質も悩みも違いますから、自分の年齢や肌質にあったものを選んでください。

もう一つ重要なことは、きちんと成分を見ることです。通常、さまざまな要因から入っているものの、じつは肌によくない成分がスキンケア化粧品に入っていることがあります。そういった場合に何も知らずに買うと、肌トラブルの原因にもなってしまうでしょう。特に年齢肌は成分に敏感です。肌に悪い成分が入っていないかをしっかりと確認し、購入するスキンケア化粧品を選ぶようにしてみてください。