界面活性剤とは

肌に悪い成分が入っていないか確認するとき、よく注目されるのが界面活性剤の存在です。界面活性剤とは油分と水分をうまく混ぜてくれる成分なのですが、まるで混ざらない油分と水分を一緒にできるほど、強力な洗浄成分として知られています。だからこそ、肌には刺激が強く、入っていることを好まれない成分でもあります。しかしここで注目しておきたいのが、界面活性剤には、いいものと悪いものがあり、悪いものが入っているものは使わないほうがよいということです。

悪い界面活性剤とは、「合成界面活性剤」と呼ばれる人工のもの。じつは界面活性剤には天然のものがあり、オリーブオイルやヤシのオイルなど、美容によいとされているものもあります。これらは保湿成分も入っているために肌にもよいのですが、合成界面活性剤は石油で作られていて、肌の油分を強力に落としてしまう効果があります。一定量は問題ないのですが、必要以上に落としてしまうというところが問題。落とし過ぎると返って余分に皮脂を分泌し脂肌になってしまったり、乾燥肌になってしまったりすることがあるのです。特に年齢肌は敏感ですから合成界面活性剤が使われていないスキンケア化粧品を選ぶのは必須といえるでしょう。